長期投資には米国株が向いてると思う理由・・

長期投資には米国株が向いてると思う理由・・

資産形成には時間を味方にする長期投資が有効だとバフェットも言っています。

しかしバフェットは米国株が主体であり、日本株に関していえば条件が違うように思います。

つまり日本株は長期保有しても大して値上がりしないって事です。

もちろん成長株であれば値上がりしますが、マクロ的に絶対数が少ないのが日本のマーケットなんじゃないかと・・

米国は未だ移民で人口も増えており、なんだかんだで経済も堅調に推移しています。

つまり変な企業を除き、適正価格で買うことができれば黙っていても株価が上がっていく環境です。

ひるがえって日本・・人口減少しており経済も海外動向に左右されやすいです。

日本株と米国株を比較すると、値動きが圧倒的に違う気がします。

例えばスターバックスの半年間の値動きって約10ドル内におさまってるんですよね。。

しかもチャートを長期期間でみると大体右肩上がり

ダウ月足

日経平均月足

上はダウの月足、下は日経平均の月足です。

ダウは堅調に上昇してるのに対し、日経は紆余曲折が多いです。

さらに足が長い分、1日の振れ幅が大きいということです。

つまり、マーケット全体でいえば日本市場は値幅を取るトレードが有効で、米国は長期投資が有効なんじゃないかと思いました。

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする